躍から

躍写真館

永い歴史の中から、新しい男声合唱を歌う

画星忠雄(68008)

わが♪横浜並木男声合唱団♪が、横浜市金沢区の「並木」に生まれて、今年で25年。「並木」のある金沢シーサイドタウンは、人が暮らし始めてまだ40年。地域の発展とともに合唱団は育ってきたと言えます。私は、トップテナーの一員として参加して17年、今は団の運営を預かるマネージャーを務めています。数年前にテレビ朝日の「題名のない音楽会」に出演し、その存在と活動が全国に知り渡り、今は隔年で開催する横浜MMホールでの定期演奏会が毎回満席となります。また、「歌って、踊り、華麗に躍動する!」新しい合唱スタイルのパイオニアとして、人気を誇っています。ホームページ(www.yndg.jp)をご覧ください。

コケと遊ぶ・・・劇マニアックな世界

鈴木 均 (70027)

この頃は、コケを盆や器に盛って、机の上の新世界を楽しむ事が流行ってきた。テラリウムと呼ぶ。コケ女も出現した。しかし、僕の場合には、ひと味違う。丹沢山で採ってきたコケを顕微鏡で調べ、『珍』や『稀』種を見つけては、よだれ顔で一人悦に入る。仲間言葉で、同定と言う。長さ1~2mmのコケの葉を、カミソリで約10μ幅にカットして、横断面からやっと同定できる事もある。詳しくは、ホームページMossburkerをご参照。きっと、すぐに疲れると思うので、その時は、ベージ末の「箸休め」がお薦めだ。南米と中国の、比較的最近の旅と写真を楽しめる。