会員の活動

東京同好会

東京本部日帰りバス旅行
~軽井沢バラ園と初夏の味覚を訪ねて~

本部のバス旅行も今年で第五回目となり、6月12日(水)に40名にて催行しました。8時5分新宿(工学院大学前)を出発し、途中、8時40分高坂SCにて、休憩するものの、最初の目的地、軽井沢レイクガーデン(KLG)に予定より45分早く、10時半に到着しました。

KLGを紹介しますと、軽井沢72ゴルフ場の南側に位置し、2007年に開園した敷地約1万坪、池が大半を占め、バラを中心に四季折々花を楽しめる庭園であります。東京近郊ではバラは5月上旬が見ごろですが、避暑地の当地は気温も少し低く、当日は咲き始めで、少し早かったようです。バラの種類はイングリッシュローズ(160種、600株)やフレンチローズ(70種、200株)で、フレグランスローズパスと称する小径は水辺にある長いバラの散歩道、約1,200本のバラが道沿いに続いている庭園です。またウッドランドガーデンと称する場所は当園の中心に位置する一番大きなエリアで、橋を渡り、森の小径を歩いていくとせせらぎや滝の音が聞こえてきます。バラと池が調和し、落ち着いた閑静な庭園であります。

1時間半ほど観賞し、次の目的地、ロンギングハウスへ向かい、10分程で到着し、ここでランチです。メインディッシュは鶏肉かサーモンですが、当店の名物は新鮮なお野菜、米粉で作られたパンもあります。ビールや当地のワインと一緒に味わい、堪能しました。不思議なことに、KLGを散策中も曇ってはいたものの、降らなかった雨がランチタイムには雨音激しい土砂降りとなりました。しかし、バスに戻るときは見事にやみました。

最終の目的地、発地市庭(道の駅みたいな売店)に14時半頃に着き、お土産を買いこみ、15時に帰路へ。横川、三芳で休憩し18時前新宿に無事到着しました。雨にも降られず、見事な庭園の観賞、美味しい昼食と会話を楽しみ、記憶に残る一日となりました。会員の皆様、来年の催行をお楽しみに、参加をお待ちしております。

(報告:森宗丈兒)