会員の活動

旧交温集

NIAC コロンブス会

この会は6月・11月の年2回、外国人記者クラブ(FCCJ、東京馬場先門)で開催されています。会の名称は米国の祝日「コロンブス・デイ(Columbus Day。西語ではDia de la Raza)にちなんだもの。ご承知のように、コロンブスは1492年10月12日、アメリカ(?)に到達したとされる。

1990年代前半、当時の米州総支配人・日商岩井米国法人(NIAC)社長の土屋武彦さんにより、NIAC店長会議がコロンブス・デイに開催されたことに由来します。「本日は日程の都合上、心ならずも祭日の会議開催となりましたが、これも何かのご縁ですから、日本帰任後も今回の出席メンバーの皆さんで時々会いましょう」 

最初のコロンブス会が開かれたのは、確か2000年代初頭であったと記憶しています。会長や幹事は特にきめられておらず、昼頃の2時間、食事と自由な会話を楽しむスタイルでスタートしました。

今年の会合は何回目となるのか不明ながら、写真の方々が参加されました。
次回は、11月14日(木)1:00 pmより、同じFCCJで開催されます。

 (報告 柴田純男)