会員の活動

旧交温集

第11回「新エヌアイメタルクラブ」東日本地区懇親会

9月5日(木)正午より第11回懇親会が「鉄鋼会館」で約100名のご参加を得て森宗丈兒氏の司会で開催されました。岡田達郎世話人代表がご欠席の為、松枝英彦世話人が開会挨拶をされ。「代表がご家族のご病気での欠席との事情ご説明後、多数の方々が元気に参加されて喜んでいる。70才以上の高齢者会合では話題等で制限ありの会もあるが本会は全くの自由。高齢者こそ好奇心を保ち、こまめに活動することが大事な事を忘れずに益々ご活躍願いたい。」と述べられた。

次に、双日(株)の尾藤雅彰執行役員・金属・資源本部長が、「中期経営計画2020の初年度、本年3月期の純利益は700億円強と過去最高益で、(株)日本格付研究所よりの格付けが1ランク上昇、安定的指標のA-になった。本部純利益は全体の4割強、300億円強で全営業本部中の首位。本年の経済環境は厳しいが新規事業等にも取組み会社に一層貢献したい。」と現況を説明された

(株)メタルワン・本田武弘代表取締役副社長よりは、「本年3月末の純利益は254億円と予算達成。双日純利益への分与は102億円と貢献した。双日の全投資先企業では貢献度NO.1の地位にある。今後も事業拡大に努め、良き伝統を後輩に継承し飛躍したい。」と語られた。

乾杯はご出席者中最年長、91才で矍鑠たる佐々木彌氏が健康と長寿を祈念して乾杯の音頭後は、昭和25年の日商入社から鉄鉱石部等での40余年の会社生活での興味ある思い出話のご披露があり、その後はいつもの歓談へと移りました。話も弾み、宴もたけなわでしたが三橋秀夫氏による日本ワインの解説を枕に恒例の「関東一本締め」となり午後二時にお開きとなりました。

次回第12回懇親会は来年9月3日(木)です。多数のご参加をお願いします。

(報告 世話人 橋本政彦)